家族が多いほど自治会に入らない場合のデメリットは増える?

 

自治会への加入は、任意のはずですから入る入らないは、

貴方が選べば良いんですが、これがかえってややこしいことに

なるんですよね。

 

 

自治会というのは町内会を更に小さくしたようなもので、

ある程度の戸数毎にまとまった組織になります。

 

 

マンションや一戸建てなど建物の種類によって、自治会の範囲は

違ってくると思いますし、デメリットも異なってきます。

 

 

更に言えば、単身かどうか、子供が居るかどうか、高齢者が

いるかどうかなどの、家族構成によってもデメリットの大きさは

異なります。

 

 

生活に密着している自治会の管轄にあるものと言えば、

やはりゴミ収集でしょうね。

 

 

マンションのように管理組合や管理会社が一歳を

賄ってくれているところは、さして問題はないでしょうが、

一戸建てなどに場合、ゴミ収集場所の管理やごみ自体の

選別・管理などを自治会で賄っているところもあります。

 

 

これが、自治会に入らない場合の最大のデメリットに

なると思います。

 

 

自治会に入らない場合は、ゴミを収集場所へ持って行くことを

拒否されることも有り得ます。

 

 

自治会は、自治会費を納めることと役員や係などを交替で

務めることが殆どですから、自治会に入らないでその恩恵だけを

受けよう(この場合、ゴミを収集場所にすてること)をするのは、

自治会に入っている人からすれば以ての外ということになります。

 

 

あと、自治会は市町村の住民に対する広報の末端だと言う考え方も

出来ます。

 

 

様々な公的な補助・支援やサービスなどの連絡が自治会を

通して行われる場合が多くなります。

 

 

もちろん、個人での情報収集も可能ですから、これが即自治会に

入らないデメリットに繋がるわけではありません。

 

 

でも、子供や高齢者を抱えたファミリー層の場合、子供会や

老人会などが自治会内に設置されている場合もあり、公的な

情報だけではうまく行かないことも多々あります。

 

 

家族の数が増えればそれだけ、ご近所付き合いの延長線に

ある自治会に入らないデメリットは増えると考えた方が良いかもしれません。

 

 

カテゴリー: 自治会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です