公文の幼児向け英語学習が気になっている方必見の情報!

 

「子どもには早くから英語を学ばせたい」と考えている親御さんは

多いものです。

 

 

また幼児向け英語教室はたくさんあり、学ばせるとしても

どこで学ばせるのが良いのかというのも悩ましい問題です。

 

 

ところで、人生で一度は耳にしたことがあるであろう「公文式」。

 

 

国語や算数でお世話になったという人もいるのではないでしょうか。

 

 

実はその公文で幼児向け英語学習をやっているのをご存知ですか?

 

 

公文の幼児向け英語学習では、子どもが楽しく学べるよう工夫が

されているんですよ。

 

 

公文では英語学習は「聞く・読む・書く」の3ステップが

重要だと考えています。

 

 

そこで公文の幼児向け英語学習では、「まず英語は耳から」を

大切にしています。

 

 

一番の魅力はE-Pencilを使っての学習です。

 

 

E-Pencilとは、テキスト教材にある音声マークをタッチすると

ネイティヴの発音で単語が再生されるという公文独自の

リスニング専用機械です。

 

 

例えば、テキスト教材にリンゴのイラストが描かれてあったら、

近くにある音声マークをタッチすると「Apple」とネイティブの

発音が耳に飛び込んでくるんです。

 

 

子どもが興味を持ちそうな可愛らしいイラストがたくさん

使われていて、なおかつペンをタッチすると声がするという

不思議さは、子どもにとっては何度も繰り返してみたくなる

楽しさなんです。

 

 

実は「繰り返す」ということが大きなポイントで、楽しく繰り返し

ネイティブの発音を耳にすることで、英語に対する抵抗を

もつことなく、キレイな発音を身につけることができるんですね。

 

 

そして子どもの学習スピードに合わせながら、ちょっとずつ

学習を進めていくのは、今までの公文式と一緒。

 

 

公文の幼児向け英語学習では歌も数多く用意されているので、

ある日突然「子どもが英語で歌っている!」なんていうことも

あるかもしれません。

 

 

公式サイトの親御さんの声でも「英語の発音がめちゃめちゃ良く、

親が真似しようと思っても出来ません」「教材自体も遊びの一環の

ように感じながら楽しく取り組んでいる様子です」とあります。

 

 

遊びの延長でキレイな英語の発音が身につき、楽しく学べるなら

こんな素敵なことはありませんよね。

 

 

小さなステップを着実に上がっていく姿は、見ている親御さんは

もちろんのこと、子ども自身にとっても嬉しいものに違いありません。

 

 

 

カテゴリー: 公文 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です